目の下のたるみを無くす最新技術|綺麗になるために

ウーマン

良いことが多いです

ウーマン

脂肪吸引をすることにより、痩せるだけでなく、リバウンドしにくくなる、理想的なスタイルになるメリットが得られます。名古屋のクリニックによって切開する場所が違いますし、多少なりともリスクはあるため、事前に説明を受けておくと良いでしょう。

詳しく読む

最新美容医療でシワを解消

レディー

サーマクールは、特殊な高周波を肌に照射することでシワやたるみなどを改善する美容医療技術です。高周波の帯びる熱エネルギーが細胞を刺激し、皮膚を引き締めると同時にハリ成分であるコラーゲンの量を増やします。

詳しく読む

余剰な皮膚や脂肪を除去

レディー

傷跡は残りにくい

手術で目の下にできるたるみを解消する場合、誰もが気にするのが傷跡が残らないかという点です。現在の美容整形では、この心配はほとんど杞憂になっています。手術に際して、目の下の皮膚がたるんでいる部分を切除しますが、メスを入れる位置は下まつ毛の生え際部分のため、傷跡がほとんど目立たないためです。しかしそれでも傷跡の心配をする人もいます。そういった方のために、メスそのものをまぶたの表から入れない手術法も現在は存在するので、気にある方は調べてみましょう。例えば経結膜脱脂法もメスをまぶたの表側ではなく、裏側から入れるため、傷跡そのものが残らない仕組みです。手術費用が他の施術に比べるとやや高めですが、確実に傷跡を残さないで目の下のたるみを無くせます。

皮膚の緩みとクマ

目の周辺には神経や血管が多く通り、体調や体質の影響がダイレクトに出やすい部位です。これは肌老化によって現れるエイジングサインも同様です。年齢を重ねると目の周りの組織が衰えて皮膚を支えきれなくなって緩み、目の下にたるみが現れることがあります。また、たるみだけでなく目の下が膨らんでくることも加齢によるエイジングサインではよくある特徴です。この膨らみは下まぶたの奥に本来は収まっている脂肪が、前に出てきたためです。目の下のたるみが現れると同時に、黒い影もよく目立つ場合がありますが、これは膨らみの凹凸が影を作ることが理由です。このような目の下のたるみや、同時にできるクマは美容整形手術で、余剰な皮膚や脂肪を取り除くことで治療ができます。

わきがを手軽に解消

脇

わきがは、ミラドライによる施術で解消できます。具体的には、マイクロウェーブでアポクリン腺を熱して、わきがの原因となっている汗の分泌を抑えるのです。肌表面は冷却によって守られますし、ダウンタイムはほとんど生じません。また効果は半永久的に持続しますし、再びわきがが生じたとしても、再度の施術が可能です。

詳しく読む